本当にBMWは運転マナーが悪いのか?よく聞く噂を事故率から検証した

一般道でも高速道路でも、

運転マナーが悪い!と噂される車がある

それは、ロールスロイスとMINIを傘下に持つ

ドイツ自動車メーカー

BMWだ

イーサン・ハントが操るクルマ

BMWのドライバーは本当に自分勝手

=英米の調査

ウオール・ストリート・ジャーナルに、こんな記事が掲載された。

記者Tom Bemis

BMWのドライバーはしばしば、運転が乱暴になりがちだと批判されることが多い

最近、英米で2つの調査結果が出たが、いずれもBMWのドライバーが

どんなに丁寧にいっても「完全に自分勝手」ということが示された。

1つは、歩行者が横断歩道の端に立ち渡ろうとしても、BMWのような高級車は同州の法令通りに一時停止するドライバーが少なかった

調査に携わった同研究所のポール・K・ピフ氏は、ニューヨーク・タイムズ紙に対し

「高級車は、歩行者が渡ろうしている横断歩道の前で止まる車は少なかった」と指摘

「中でも、BMWのドライバーが最悪だった」と話した

乱暴運転などが原因でトラブルを起こす最も多い車種はBMW

車体の色はブルー

ドライバーの年齢は35─50歳の男性だという

この記事は外国での調査結果のため、ドライバーマナーが日本でも同様だとは言えない

しかし、日本においてもBMWオーナーの運転マナーの悪さは、他車と比較されることが多い

 

なぜ、BMWドライバーは運転マナーが悪いと言われるのだろうか

BMWを「バカMW」と毒づくのは間違ったことなのか?

これは、そんな噂の検証を客観的に試みたものである

保険料率から見る車種別事故率

DUI-Accident-Statistics

どの車が事故率が最も多いのか?

運転手としてはとても知りたいデータだが、車種別に公表された公式資料はない(損害保険会社は独自に保有しているらしい)

では、そのリスクはどのようにして数値化が可能なのかと言うと

「対人・対物・傷害・車両」の車両料率に基づいている

この車両料率は、1~9の等級で表され「1」が最もリスクが小さく、「9」が最もリスクが大きい

ちなみに、「等級」も似たような数値だが、これは1年間無事故であれば、次年度からは安くなることを数値化しているため、ここでのリスクとはリンクしていない

例えば、高級スポーツカー

等級は、「対人6・対物6・傷害4・車両9」などと表される

車両が「9」と飛びぬけて高いのは、単純に本体価格が高いからだ

tmpimg

また、高級車は安全性が高いため、運転手がケガをするリスクは低く設定されている

つまり、事故を起こしやすい車かどうかは、対人・対物が高いかどうかでおおむね判断が可能となる

保険会社の資料に、対人・対物の数値が高く掲載されていれば、その車種は事故率が高い車と言える

では、この車両料率という数値は、各保険会社で独自で判断して決定しているのだろうか?

実は、この車両料率は、「損害保険料率算出機構」という国の機関が決定している

損害保険料算出機構

「損害保険料率算出機構」は、国の「損害保険料率算出団体に関する法律」に基づき、設立された団体

主な業務は、基準料率の算出と自賠責保険の損害調査をおこなっている

現在の副理事長は、元国税庁長官

専務理事は、元三井住友海上火災常務理事といった者が在籍している

全ての保険会社は、この損害保険料率算出機構のデータを採用しているので、一律同じ結果となる

(つまり、保険会社の車両料率は、実質は国の期間が一様に決定している)

では、実際の車両料率の表を見てみよう。以下の表は、1番安い自動車保険さんのサイトで掲載されているもの

上記で説明したように、「対人」と「対物」の数値が高ければ運転者が事故を起こす確率が高いと考えられる

また、高級車ほど本体価格が高いため、「車両」の数値は高くなる

2015-2016新車販売ランキング30車種の「型式別料率クラス一覧」

車種別料率クラス「新車販売ランキング 1-10位」

車両料率2

車両料率

以上の国産30車種のデータを比較してみると、同一車種でも、スポーツタイプの車は数値が総じて高いことが分かる

スポーツタイプのクルマは、法廷速度を超過した運転をすることが多く(ドライバーによるとしても)、その結果事故も多い(速度超過データは、警視庁サイトに掲載されている)

ただし、同じスポーツタイプの車でも、保険料率が安い傾向の車もある

ホンダの「シビック」やスバルの「レガシイ」、ホンダの「CR-V」、マツダの「RX-8」など

 

P90089711-618x412

では、BMWの車両料率はどうか?

BMW@FUNサイトによる個人保険資料から、型式を抽出しみた

20151501_200107型式AL19  対人6 対物4 傷害6 車両5

20151501_199608型式BK28  対人7 対物6 傷害5 車両9

E-CD28

型式E-CD28 対人4 対物5 傷害6 車両6

CK32

型式GF-CK32 対人7 対物5 傷害5 車両9

DE44

型式E-DE44 対人6 対物4 傷害4 車両9

GH-DS30

型式GH-DS30 対人6 対物4 傷害4 車両9

GH-EH44型式GH-EH44 対人7 対物3 傷害5 車両9

ABA-EK48

型式ABA-EK48 対人6 対物3 傷害4 車両7

FA-30

型式GH-FA30 対人9 対物6 傷害4 車両7

ABA-FE30

型式ABA-FE30 対人5 対物5 傷害4 車両6

AAA-FH44

型式AAA-FH44 対人6 対物5 傷害4 車両8

ABA-KA30

型式ABA-KA30 対人6 対物5 傷害4 車両8

当該サイトの全型式を単純平均すると、下記の数値となる (計算式は、ExcelによるTrimmean関数使用)

『型式数参考データ 878車 対象 AL19~850CS1』

単純平均値は

『対人5.15 対物4.27 傷害4.17 車両6.30』

最大値と最小値の上位20%を除外し、中央値に近づけた平均値は

『対人5.15 対物4.3 傷害4.07 車両6.38』

BMWの平均値と先に掲載した国内販売30車種の平均値を比較してみる

『 BMW 対人5.1 対物4.3 傷害4.0 車両6.3 』

『 国内   対人3.9 対物4.1 傷害4.0 車両4.2 』

う~ん

lgf01a201405200100

―国内販売車種との比較結果―

対人」に関しては、BMWが上回る

「対物」、「傷害」に関しては、ほぼ同じ

「車両」はBMWが上回る

以上のような結果となった。「車両」は、本体価格の差によるものなので、ここでは検討対象外

「対人」は、BMWが上回るものの、「5.1」という数値は、国産車のアクアやヴィッツとほぼ変わりがない

つまり、BMWの878車によるデータにおいて国は、

「BMWの事故率は、国産大衆車と大きな違いはない!」

と考えていることが分かった

meeting-782050_960_720

BMWの事故率が国産大衆車(ヴィッツ等)と変わりがないとすると、BMWは事故を起こしやすい車とは言えない

つまり、運転が下手な場合を除けば、乱暴な運転はしていないと考えられる

こうしてみると

「マナーの悪いBMW」に遭遇することは不運でしかないが、

ウオール・ストリート・ジャーナルが言うほど、悪質ドライバーは多くないのかも知れない

まあ、損害保険料率算出機構の事故率のみの検証結果ではあるが

今後は、BMWをバカMWとか呼んではいけなさそうである

おわり

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告