確定拠出年金iDeCoイデコって誰が決めたの?由来は何?

平成29年1月 すべての現役世代が、加入できる年金制度 

  iDeCo(イデコ)がスタートしました

イデコは、的年金に個人がプラスして給付を受けられる私的年金運用の1つです

でも ちょっと待って!!

そもそも なんで『イデコ?』??

って思っている人も多いのではないでしょうか

そんな名称決定のいきさつを、少し調べてみました

---------♣

まず、

厚生労働省がオブザーバーとして参加している組織に、「確定拠出年金普及・推進協議会」というものがあります

そして、その組織が平成27年8月1日から8月21日にかけて、次年度にスタートする新たな年金制度の愛称を募集していたそうです

(たいしてニュースにもならなかったような・・・)

この第1回協議会は、塩崎厚生労働大臣のもとH28.7.26厚生労働省省会議室で行われました。そこで、愛称募集も話し合われたようです

そして、8月21日の愛称募集期間も終わり、最終的に応募された総数は・・

 4,351件!!(少なっ!)

まあ、そんな中から見事選ばれたのが

『iDeCo』でした

気になる選定理由は

・英語表記の

individual-type Defined Contribution pension plan

の単語の一部から構成され、個人型確定拠出年金をうまく表している。

また、「i」には「私」という意味が込められており、自分で運用する年金の特徴を捉えていること。

・「イデコ」は親しみやすい響きで、小文字と大文字の交互の組合せが、スタイリッシュでおしゃれな印象を与えること。

■応募者:30代 女性 会社員

当選された女性には10万円相当のギフトカード送られたそうです

ちなみに、こちらが愛称選定委員会のメンバーです

  • 新井   聡 氏   運営管理機関連絡協議会会長会社(野村證券株式会社 常務)
  • 井戸 美枝 氏   井戸美枝事務所 代表
  • 杉山   愛 氏   スポーツコメンテーター
  • 藤沢 久美 氏   シンクタンク・ソフィアバンク 代表
  • 山崎 泰彦 氏   神奈川県立保健福祉大学名誉教授

杉山愛

元プロテニスプレーヤーの杉山 愛さんもいたんですね

「スッキリ!!」に出演したり、東京オリンピック大会組織委のアドバイザーの一員であったりと、引退後も順調に活躍されているようです

杉山愛さんは発表会見で「親しみやすくかわいらしい名前になった」と語っています

♠---------♠

ということで、

20日間募集の4,351件から決まったのが、iDeCo(イデコ)ということでした

おわり

行政も早いときには早いのね・・

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

レクタングル(大)広告