これで通信料金が安くなる!初心者はアイフォンとイオンシムフリーを買え!

2016年11月 iPhoneSEとSIMフリーの組み合わせで、通信料金を2000円以下に抑えました!

11

今回、購入したのはアイホンSEです。これは2台目のSIMフリー用スマホです。

1台目はアンドロイドのASUSZenfone2Laserを使用中。

このASUSのゼンホンは、ネット利用のみで契約しているため、月々900円で済んでいます。SIMはビックカメラでⅡJmioを購入しました。

zenfone-2-laser-pic2

というわけで、SIMフリーを2台利用している私が、「アイホン」と「アンドロイドのASUS」の2台のスマートホンをSIMフリーで使うために調べた知識を、超初心者のあなたのために情報提供します。快適な購入に至れば幸いです。

もし、今あなたが、ネットワークゲームで友人たちと対戦三昧をしていたり、映画を動画配信でバンバン見ていないにもかかわらず、月7,000千円以上も携帯電話の通信料金を払っているとしたら・・・

それは、

ムダです。

『通信料金が家計を圧迫している。なんとか安上がりになる方法は無いのか?よく、SIMがなんとかで安くする方法があるって聞くから検討してみたい・・』

でも・・

SIMフリーってなんなの?

分からないし怖いから今のままが良い。というのも良く分かります。それに、比較サイトはたくさんあるけど、初心者には何を言っているのか理解が難しいと思います。

そして、見ているうちに時間ばかりが過ぎて、面倒になって買い替えるのを止めてしまう。

そこで、まずは優先順位を作って、検討する順番を自分で決めてしまいましょう。

①新しいスマートホンを買うか、今あるスマートホンを使うか

SIMフリーのスマホは、それ専用の本体を買わないといけないわけではありません。ドコモ、au、ソフトバンクのスマートホンを持っている場合は、その本体にフリーSIMのカードを挿入して使える場合があります。

今使っているスマートホンが2015年5月以降に発売したモデルであれば、6ヵ月以上経過しているならSIMフリーに変えられます。細かい違いもあるので、ここだけはショップに聞く必要があります。ショップの店員が「SIMフリーに出来ます。」といえば、SIMカード購入に移ります。

すでに、『2年以上使って解約期限も過ぎているので、新しいスマートホンに買い替えたい』場合は次です。

②情報保全を1番大事にする。 (スマホを使って株取引をしたり、高額なカード決済を頻繁にする方)

この場合、あなたの選択はアップル社の造っているスマートホン「アイホン」がベストです。理由は簡単で、アップル社のアイホンの方が、もう一方のアンドロイドと言われるスマートホンに比べて、セキュリティが高く安全だからです。

さらに、アップル社のアイホンがかなりの値下げを断行しました。iPhone 7が売り出されたからです。

6シリーズは2万円の値下げ、iphoneSEも1万円近くの値下げです。今、最もお勧めなのは、『iphoneSEの64GB』を新価格の49,800円で買うことです。

性能、安全性ともに高く、これまで高価格であったアイホンが買いやすくなりました。最近は大画面化が進んでいますので、これまで画面を大きいものを使っていた場合は、小さく感じるかもしれません。実際にショップで手に取ってみて下さい。

しかし、慣れればむしろ使いまわしやすい大きさだと気づきます。

スマートホンのコンピュータは、大きく2種類あります。アイホンかアンドロイドです。

そして、スマートホンにはいろいろなアプリと呼ばれるソフトウエアが用意されていて、使っている間に増やしていくのが常です。

アップル社のアイホンは、このソフトウエアをあなたに代わって監視していて、問題の無い物しか提供しません。ですから、アンドロイドと言われるコンピュータを搭載したスマートホンに比べて、アイホンのスマートホンの方が安全性が格段に高いと言えます。

(*アンドロイド搭載のスマートホンは、ソフトウエアの開発者が世界中に居て、ネットワークの汎用性が高く、現代のネットワーク社会にマッチしています。ですが、その分利用者の規制は甘く、悪意のある開発者や利用者が多いのが実情です。)

③電話も必要か、ネットだけ見るか

824

脇の穴にクリップを刺して押すとカードケースが飛び出てきます

SIMフリーのスマホを用意した後は、『SIMカード』を購入します。ここではビックカメラのBICSIMを参考にします。(*ビックカメラで購入してもイオンで購入しても値段はどこも大差ありません。どこでも構いません)

下記の2種類だけではありませんが、大別して2点で良いと思います。

A:ネットだけ使いたい人は「データ専用SIM」カード。(電話はいわゆるガラケーを使っている人。2台持ち)

C:電話とネットワークの両方を使いたい人は、「通話+データSIM」カード(スマホ1台で電話とネットをする人)

 

852

900円~、1600円~と書いてあるのが、月々の利用料金になります。(最初にカード本体を買うのに一度だけ、カード製品代金の約3000円かかります。)

「3GBまで」と書いてあるのは、月々の使用容量制限です。

ですが、3GB以上使っても大丈夫です。通信速度が遅くなるだけで、追加過金されることはありません。(通信速度が遅くなると言っても、メールや通常のネットニュース等はちゃんと見れます。ゲームやYOUTUBEの音楽が遅くなる程度です。)

「どの通信会社のSIMフリーのカードを買っても大差ない」と言ったとおり、下記のように値段にほぼ違いはありません(容量3GBの使用料金)好みで選択して下さい。

527

これまでは、3GBを例にとって説明して来ましたが、容量は3GBだけではありません。

使える上限が多ければ、当然月々の使用料金が上がります。一部の例を表示します。

276

一番左のBICSIMは、「電話+ネット3GB」までなら月1600円ですが、倍の「電話+ネット6GB」までなら月2,220円と書いてあります。

自分は月どのくらいネットでデータを使うのか?何GBのSIMカードを買えばよいのか?

これは、人それぞれと言いたいところですが、おそらくゲームをせずに映画を見ずにYOUTUBEで音楽を聴かない人は、月3GB以内しか使っていません。3GBで出来ることは、他サイトのデータをまとめてみるとおよそ次のようなものです。

ネット閲覧:1万回

メール:20万通

YOUTUBE:12時間

一概に言えませんが、4GB若しくは5GBのSIMカードを購入すれば、普段使いに心配はありません。私は3GB月900円のデータ専用SIMを使用していますが、一度も上限に達したことはありません。(土日と通勤時に常にネットに接続しています)

以上で、使用に合わせたスマートホンとSIMフリーの選択ができると思います。

『それでも面倒なので、調べないで決めたい』

これまで、SIMフリーはどの会社でも同じ。と言って来ましたので本当にどれを選んでも良いと思います。ただし、「初めて買うので、現物のSIMカードを見て、店員と話しながら買いたい」という場合には、ビックカメラがどこにでもあるので店舗に行ってみると良いと思います。

私は、アイホンに対してはイオンのSIMカードをネットで購入しましたが、最初のフリーSIMはビックカメラの店舗に行き、BICSIMがASUSのスマホに使えるのかを店員さんに聞きながら購入しました。

選択しないで決めたいならこれで大丈夫です。

『アイホンSE+イオンSIM』本体49,800円+SIM3,000円(契約期間なし、解除料金なし)

(価格COMの最安値は、53,784円です。全然安くなっていないので、アップルのホームページから直接買った方が良いです。

アップル社のホームページに掲載されているスマートホンは全てフリーのSIMです。

イオンSIMはイオンのホームページかイオン店舗に売っています。月何メガにするかは自由ですが、データだけなら月4GBの980円プラン、電話もするなら月1,580円プランで良いと思います。イオンデジタルワールドと検索するか、イオンの店舗で店員さんに用意してもらって下さい。)イオンデジタルワールド

『ASUSZenfone2Laser∔ビックSIM』本体17,200円+SIM3,000円(契約期間なし、解除料金なし)

こちらも、同様にスマートホンはネットで購入して、シムカードはビックカメラに行くと良いと思います。ビックシム

805

最後に、シムカードは大きさが3種類あります。・標準SIM・MicroSIM・nanoSIMです。大きさが違うので買うときには本体に合うのか確認が必要です。ASUSZenfone2LaserはマイクロSIMで、アイホンはナノSIMです。

以上ですが、本体を購入するなら、アイホンであれば初期投資に5万円くらい必要です。アンドロイド機なら、3万円もあれば十分です。

おそらく、これを見たあなたは、年間通信料を7,000円×12=9万円弱払っているのではないでしょうか?

SIMフリーにすれば、スマートホン本体を買っても1年間で同額になります。2年目からは年間6万円以上得していく計算です。

500円のランチを120回食べられます。

家計の無駄を省いて快適なスマホ生活を応援しています。

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

レクタングル(大)広告