聲の形の感想 イジメに障害というきついテーマの映画だけど

TSUTAYAでは準新作になっていた聲の形(こえのかたち)

見終わった後は、

感動するとも、共感するとも言い難い感覚の映画

障害のある人をイジメた側が、こんなに簡単に報われて良いのか?

と思ってしまいますが・・

けれども、見ておいて良かったと思えます

このアニメは、文科省推薦らしいし

ちょっと、

進撃の巨人の諫山創さんのコメントも載せてみます

原作を読んだ時に、すごく心をかき乱されました。
人間というのは人のことを完全に理解したと思っていても、全然わかっていなかったりする。「聲の形」は普遍的なテーマを描いていて、誰にも思い当たる部分を突き付けてくる。
自分が変えられてしまう怖さを感じる作品でした

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

本当の悪意はないのかもしれない

『イジメ』という暴力

小さなころなら誰でもあるのかも知れない

では済まされない現実

本作品も、冒頭から終盤まで、

一貫してこの主人公たちが行って来た小学生時代の「いじめ」が、

ストーリーの核心となって物語は進んで行きます

主人公の石田将也は、好き勝手なふるまいをするガキ大将

ヒロインは、先天的に耳の聞こえない転校生の西宮硝子

石田将也は、西宮硝子を段々とイジメの対象にしていきます

ちなみに硝子を漢字に変換する時、ガラスと打ち込むと変換されるのが、

なんだか映画を見た後には複雑な感じがしてしまいます

見どころ①

見ていて「嫌だなあ」と感じるシーンがたくさんある

これを見どころにするのもどうかと思いますが

生きていくと避けては通れない現実

そこを、特に沢山網羅しているところと映像が、凄いなあと思えました

大人になって見れば、自分も、もしかしたらそういう性格だったかも知れないと思うし、

中高生が見たら、現に今行なわれている「いじめ」に対して、主観的にも客観的にも、心がかき乱されるかもしれません

良くも悪くもストーリーにインパクトがあるという点では、

感情に響くシーンが多分にあるというのは、良い作品の特徴かもしれません

特に酷い部分は

補聴器を、窓から投げ捨てられるところから加速していくイジメのシーン

足をかけられたり、ホースで水を浴びせられたり、机に落書きされたり

イジメは、多分抵抗しないと助長していきます

「イジメた相手を殺してやる!!」

ほどの殺意があれば良いのですが

障害があるために愛想笑いをして生きるすべを身につけた小学生が、そのような感情は抱けないと感じます

結局、自分が悪いと感じた硝子は、ノートに「ごめんなさい」と書いて謝りますが、

イジメた方は「嘘つけ!文句があるなら言えよ!」

と更にイジメを助長させてしまっています

あと、筆談ノートも最初は機能していたみたいですが、

後半は、「さっきのお話をお願いします」には「自分で頑張ってー」とか、

「ばーか」とか「聞こえないからわからない」とか、書かれていました

最初は好意的だった同級生たちも、どうにもならない不自由な相手を理解できずに、

イライラして面倒になっていったシーンが多々あります

見どころ②

いじめっ子が、イジメられる側に変わる日

過度ないじめが、あだとなった主人公の石田将也

教師たちからの尋問がクラスに影響を及ぼします

同級生は、日ごろから酷いと思っていたのか、自分にも迷惑が及ぶことを危惧したのか、とにかくいじめの主犯格であった主人公が、クラスから孤立する日がやって来ます

ここでは、しょうがない感が満載ですが、その無視される行為は、小学校を卒業して、高校生になっても継続します

いじめを受けたことがある人からすれば、当然で物足りないと感じると思います

因果応報です

その後、高校生になった主人公は、橋から飛び降りて死ぬ予定を立てたりします

見どころ③

友達の意味を考える

高校で知り合ったモコモコ頭の永束(ながつか)君がマックで一言

「何でも話してみなよ 俺たち親友なんだから」

小学校以来、初めて話をまともにしてくれる永束君に対して、主人公が問うシーン

主人公「友達の定義ってなんだろう、友達になる権利とか、資格とか・・・」

永束君「友情ってのは、言葉や理屈、それらを超えたところにあると思うんだ。資格?そんなのいるもんか。くだらないね。」

その言葉に、なんだか感銘を受ける石田君

そして、西宮さんに合う決心をしてこう告げる

「僕が君に合う理由を探していた」

見どころ④

ヒロイン 西宮硝子の葛藤

耳の聞こえない障害が、自分の周りを不幸にしていると感じている硝子

それが、最終的な行動に結びついてしまうわけですが・・・

愛想笑いや消極的な姿勢も、周囲との協調性を大事にしてきた、彼女なりの処世術だったと思いますが、いつも悪い結末になることが、彼女の心から気力を奪っているようでした

おわりに

このテーマには、常に自殺がついて回っています

死から逃れられる人、突き進まざるを得ない人

守ろうとする家族と本人の意思

見る人の環境によっては、こんなストーリーはあり得ないとも感じると思います

でも、この映画は、「とにかく見てよかった」と、たくさんの人が思える

そういう映画であって欲しいと感じます

最後の方

主人公のセリフで、

「死に値することじゃなかった」

というシーンが、成長と力強さを感じさせます

*この作品は耳の不自由な人が見て楽しめるように、DVDで聴覚障害者を選択できます

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告