まだ間に合う ふるさと納税の食べたい!特A米リスト

ふるさと納税で「タダで旨い米が食べたい!!!」

という壮大な考えとコストパフォーマンスを追求するために全国のふるさと納税で買える米を調べてみました

調べたのは、2大ふるさと納税HPの「ふるさとチョイス」と「さとふる」です

「ふるさとチョイス」で「米」と検索すると、米(5521)と表示されました。92頁あります。

「さとふる」で「米」と検索すると、米(689)と表示されました。

・・・

この中から、美味しそうなコメの産地と商品を厳選するのはちょっと難しそうです。

さらに、自治体によっては、この2大HPに掲載していない商品もあり、合わせると膨大な数になります

そこで、さらに検索を「特A」にしてみると、先程「ふるさとチョイス」で「米」と検索すると、米(5521)と表示されたのが、特A(624)にまで減りました。

さらに、驚いたことに、このうち120商品が1月の時点で「品切れ中」になっていることが分かりました。

特Aで検索している人たちは、たぶん美味しいコメを探しているのだと思います。

おそらく、新米が出た時点で申し込みをしているため、お目当ての商品が早くに無くなっているのではないでしょうか。たぶん新米発売時期の10月頃から抑えていたのでしょう。

ふるさと納税で質の高いコメを買うというのは、コストパフォーマンス的にかなり得をしていると思います。

近所のスーパーにはあまり特A米というのは置いていません。5kgあたり2,500~4,000円くらいするため、あまり売れないからだと思います。お米屋さんに行けば、魚沼産コシヒカリ5kgあたり4,500円くらいします。庶民の値段ではありません。

日本穀物検定協会の食味検査という評価基準では、複数産地のコシヒカリのブレンド米を基準米とし比較し、おおむね同等のお米を「A’」、良好なものを「A」、特に良好なものを「特A」としています。そして、やや劣るものを「B」、劣るものを「B’」としてランク付けしています。

評価項目: 外観 香り 味 粘り 硬さ 総合評価
ランク: 特A > A > A´ > B > B´

 

そこで、この特A米を10,000円で10kgくらい購入出来て、さらに産地を日本海方面の東北から北陸・甲信越地方の厳寒地に厳選して調べてみました。こうすると、納税に対して大体6割強くらいの商品が貰えることになるので、ふるさと納税としては還元率が高くなります。

あと、納税サイト以外のネット上の口コミも考慮して探してみると、お薦め商品はこのような感じになります

評価が高い特A米

  • 山形県三川町 庄内産つや姫 10kg 1万円
  • 岡山県吉備中央町 吉備中央産こしひかり 20kg 1万円
  • 新潟県燕市 えちごつばめ 飛燕米 10kg 1万円
  • 埼玉県南埼玉郡 宮代町 コシヒカリ村育ち 10kg 1万円
  • 三重県玉城町 伊勢ごころ 15kg 1万円
  • 滋賀県多賀町 きぬひかり 15kg 1万円
  • 北海道旭川市 ゆめぴりか 5.9kg 1万円
  • 長野県阿南町 あなんの誉 20kg 1万円(休耕田を減らすために農家に直接支払われるために安い)
  • 北海道道上川郡東神楽町 北斗米ななつぼし 10kg 1万円
  • 鳥取県倉吉市 きぬむすめ特A米 10kg 1万円
  • 山形県天童市 はえぬき 15kg 1万円
  • 北海道北竜町 ゆめぴりか 10kg 1万円
  • 栄村産コシヒカリ最高評価特A米 15kg 1万円
  • 長野県最上 最上級特Aこしひかり 幻の米新米 10kg 1万円

以上が、ネットを駆使して外れがないと感じた「美味しそうなお米」です。今後はこれを順番に頼んで行こうと計画中

そして、平成26年度はこれを頼みました。1万円で最上級の特A米10kgに蕎麦セットもついてきました

幻の米

幻の米

40

炊く前

幻の米

炊いた後

始めて特A米を食べました。

美味しいことは間違いありません。普段はあきたこまちの5kgで2,000~2,500円くらいのを食べていますが、これはそれより美味しかった。

あきたこまちのようにモチモチした感じではなく、しっかりして澄んだ味を持っています。香りはほぼなし。上級のコシヒカリに近い。どちらかと言えば、若い人たちが好きな食感だと思います。

「米を食べてる!!」という実感があるかみごたえのある味です。ふるさと納税では、お米を注文するのが一番コストパフォーマンスが高いと感じました 

引き続き、上記リストの商品を頼んでいますが、皆さんも是非!ひとつは特A米を選択してはいかがでしょうか?

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

レクタングル(大)広告