品川近視クリニックでレーシック手術 10年後に目に感じたこと

2005年頃、当時爆発的に人気だったレーシック手術を受けました。

行ったのは品川近視クリニック。有楽町イトシアの14F

有楽町イトシア14F

有楽町イトシア14F

当時は本当にレーシック手術が人気だった時期で、確かこのビル内だけで、1日100人とか200人とか手術を受けていたはずです。もっと多かったかもしれません・・・

dsc_1139

待合室フロアーは検査のために来院した患者で一杯で、呼び出しされると、ベルトコンベアー式に担当者に連れていかれました。(*スタッフの対応は非常に良いです)

今は対象者があまりに多くなりすぎたために、保険の対象から外れたそうですが、当時はまだ保険適用範囲内でした。

確か手術費用の内15万円くらいが保険会社から支払われていました。ほとんど無料です。

そして、2回の検査が終了し、後日数秒で終わる簡単な手術をした結果・・・

0.2の乱視が2.0へ!!

photo0000-0360

術後に始めて見た景色の衝撃があまりに凄く、その日は延々と空を眺めていた気がします。

乱視の人は分かると思いますが、近視プラス乱視は本当につらい。3つ目の信号が9つにも12個にも見えてハレーションのような景色になります。また、長時間パソコンをしていると偏頭痛になります。

それが、つらかった乱視の症状も全く無くなり、はるか遠くの車も見渡せる2.0という視力になったのですから、もっと早くにやっておけばと感じました。

眼鏡を捨てて、夜間のドライブも快適になり、旅先に眼鏡を忘れる心配もなくなって

そして、約10年経過・・・今の視力がどうなったかと言うと、

会社の視力検査結果、両目ともに1.5です!!

(会社の機材ではそれ以上の検査が出来ません。)

blackboard-677578_1920-400x270-mm-100

そうです。全く悪くなっていません。

これは、結構すごいことだと思います。いまだに、日中なら道路を挟んで向かいにあるカフェの、外看板のメニューと料金が見えます。

たぶん視力が2.0ないと見えない文字だと思います。

目がショボショボしてきたのは?

ただ、パソコン仕事が増えたせいか、良く見えるときと遠くまで見渡せないときにムラが生じるようになって来ました。

目が疲れやすくなったせいか、正面を見て長い時間人と話すと目が乾きます。10年間はほとんど目薬を使ってこなかったのですが、最近はドライアイ用の目薬を持ち歩くようにしています。

視力が悪いときには、夜に星空を眺めたり、眼球をグルグル回す体操をしたりと気を使っていたのですが、易きに流れてしまいました。

当時は視力がよくなる3D絵本とかで訓練していたのですが・・

広告

広告

術後の目は10年の間は何事もなくもってくれましたが、そろそろ目に気を遣った方が良さそうです。

目がショボショボしてきたのもそういうサインかも。また、3Dやってみるかな

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

レクタングル(大)広告