リオオリンピックレスリング女子 伊調・登坂・土性の珍しい名字由来 

日本レスリング女子

オリンピック金メダル本当におめでとうございます!!!

aedea7f8d46e890757c046c22a3e92e5

今最もアツイ

気になる女子レスリング選手の珍しい苗字を紹介します。

伊調選手

伊調 馨(いちょう かおり)

32歳 青森県八戸市出身

中京女子大出 ALSOK 58キロ級

戦績

2004アテネ五輪金メダル、2008年北京五輪金メダル、2012年ロンドン五輪金メダル。2015年まで世界選手権10度優勝

伊調さんは、全国におよそ30人

現福島県、宮城県、岩手県、青森県を含む四県の太平洋側である陸奥発祥ともいわれる伝統的な名字である。近年、青森県の特に三戸郡新郷村戸来に集中してみられる。月神を斎き祀る地、伊勢神宮の調物(みつぎもの)をつくる土地という意味。     参考名字由来net 

登坂絵莉

登坂絵莉(とうさか えり)

22歳 富山県

至学館大出 東新住建 48キロ級

戦績

2013、2014、2015年世界選手権優勝

登坂さんは、全国におよそ5300人

中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)。米沢藩、現新潟県である越後などにみられる。全国にみられる登坂(土坂)といった地名が由来のひとつ。狭隘の坂や間に挟まれた坂道などが語源。  参考名字由来net 

土性沙羅

e0310216_6491078

土性沙羅(どしょう さら)

21歳 三重県松坂市

至学館大  69キロ級

戦績

世界選手権2013年3位、2014年2位、2015年3位。高校選手権3連覇

土性さんは、全国におよそ510人

現三重県である伊勢起源とも言われる。近年、三重県に多く、特に一志郡香良洲町(現:津市)に多数みられる。田畑の性質、状態のことを「どしょう」といったことに由来すると考えられる。  参考名字由来net 

名前の由来は沙羅双樹からでしょうか。サンスクリット語ではサーラ。二本並んだ沙羅の木の下で釈尊が入滅したことから、沙羅の樹は沙羅双樹と呼ばれています。

ちなみに、日本の女子スキージャンプの高梨沙羅(たかなし さら )選手も、同じ名前ですね。

以上、大活躍の珍しい苗字の多い女子レスリング選手でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告