新規節税-家庭で得する簡単セルフメディケーション制度の使い方

2017年1月 セルフメディケーション制度がスタートしました

現在、薬局ではこのような表示がされています

本制度は、厚生労働省による医療費控除の特例です

健康の維持増進と疾病の予防の取組を行っている個人に対して

スイッチOTC薬という対象商品を購入した際に

その購入費用について所得控除を受けることが出来る制度です

セルフメディケーション制度を利用するための基本

1.対象者

・所得税、住民税を収めている人

・申告対象の1年間(1月~12月)に、健康の維持増進と疾病の予防の一定の取組を行っている人

(個人健康診断、健康診査、予防接種、がん検診等のいずれかの1つを受けている人(証明書類については、厚生省HP参照))

2.控除可能となる金額

OTC医薬品の購入価格の合計金額が1万2千円を超えた場合(上限8万8千円)

3.必要なもの

購入レシートか領収書

薬局やドラックストアで購入した「スイッチOTC対象の薬」のレシートか領収書(コピー不可、紛失した場合は再発行が必要)

4.対象期間

2017年度(平成29年)1月1日からの購入分(現行2021年(平成33年)12月31日まで)

5.注意点

セルフメディケーションの控除と従来の医療費控除を同時にすることは出来ない(どちらが得かは計算が必要)

【単純計算】

セルフメディケーション制度の上限は8万8千円

従来の医療費控除は10万円以上

つまり、医療が年間18万8千円を超えたら、医療費控除の方が得となる

6.ドラックストアでOTC医薬品を購入した場合の計算例

例:『年収330万~695万円(所得税20%)の人が、ドラックストアで4万円分のOTC医薬品を購入した』

すると、4万円-1万2千円=2万8千円が控除対象となる

-減税計算-

所得税分:28,000×20%=5,600円

住民税分:28,000×10%=2,800円

合計:8,400円が減税分となる

7.よくある質問

Q控除対象額は税込みか税抜きか

A税込み

Q購入日が28.12.31で、支払日が291.1の場合は、控除対象となるのか

A支払日が29.1.1以降であれば対象となる

Qドラックストアで割引で購入した場合、控除額はどうなるのか

A割引後の購入価格が控除対象額となる

Q商品が途中からOTC対象商品になったらどうするのか

A控除対象となるの(=医薬品のレシートは捨てない方がよい)

Q対象商品にセルフメディケーションマークは必ず表示されているのか

A表示に法的義務はないため表示されていない商品もある(対象商品は厚生省HPで表示更新される)

以上 セルフメディケーション制度基本情報でした

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告