新起業ソルベイが世界中のアイデアをお金に変えるかもしれない

solvey.com

2016年にSOLVEYという会社が立ち上がりました

左がDavid Erasmus (Dave デイブ)右がLouis ルイー 

SOLVEYにアクセスすると、世界中の人々が動画で何かを投稿しています

朝日新聞社が運営するクラウドファンディングサイト

ソルベイは、世界中の起業家たちに自らのアイデアを投稿できるプラットフォームを提供しています

上の2人は世界中を旅し、世界の人々が今何を必要としているのかを体験したそうです

そして、世界の人々が持つアイデアを探し出し、それを育てる基盤を造ろうとして始まったのが、このSolvey.Comでした

そのSOLVEYですが、サイトにアクセスすると、Got a potential solution?という欄に、あなたの名前を入力して、プロジェクト名を書くことが出来ます

そして、グローバルゴールとしてあなたが何を目指すのかを聞いてきます。

例えば次のようなものが、プロジェクトの目的として設定されます

  • 貧困と飢えの根絶
  • 健康と幸福と良質な教育
  • 男女平等
  • きれいな水と公衆衛生
  • 相応の仕事と経済成長
  • 入手可能なエネルギーと工業の革新
  • 不平等の減少
  • 持続可能なコミュニティー
  • 消費と生産
  • 土地での生活
  • 平和と正義と強い機関

そして、最後に、『あなたのプロジェクトを実現するために、いくらの資金を必要としているのか?』を問われます。(現在のプルダウンメニューは、1,000ドル~10,000ドル)

そうすると、こんな感じで、世界中の資金集めの人たちの仲間入りをするようです

例えば、世界一治安が悪いとされるベネズエラの首都カラカスに住むアルジェンドロさんとイザベラさんの動画をみると、餓えと貧困に悩むスラム街の現状を問題視しています。

街が発展する中に置き忘れられたデッドスペースの中が、スラム化していると言っています。不衛生な水や子供たちの遊び場所がないこと、木々が健康に育つ環境がないことなどを改善したいようです。そして、それに必要な当面の資金が20万円ほどのようです。

Alejandro Arias & Isabella Bianco
ARCHITECTURE IN SLUMS: sustainable spaces
Caracas, Venezuela

Amount Needed: $2,000

「プロフィールを見る」の中にはコメントを書くスペースがあり、「素晴らしいアイデアだ!」とか「アイデアは素晴らしいが問題も多そうだ」とか世界中から意見が掲載されています。



資金が集まる過程や実現したアイデアを見る方法などはわかりませんでしたが、世界のリアルな問題と解決しようとしている人々を中継することは面白いと感じます。今後も注目していきたいサイトです

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告