東京駅-無料で時間つぶしが出来て歴史と美術を楽しめる場所3選

東京駅に到着!無料でなにか面白いところはないかな?時間が余ってしまったけどどうしよう?

そんな人にお薦めする《無料なうえに楽しめて、歴史と美術に触れられて、暇つぶしと時間つぶしが出来る》そんなスポット3選を紹介します

NO1:KITTE2階 東京大学総合研究博物館インターメディアテク(入場無料)

見れるもの 動物のはく製(山階鳥類研究所の鳥類etc)・化石(絶滅巨鳥、世界最大のワニ、キリン、鯨etc)・植物の標本(古い薬草)・大型昆虫標本 その他たくさん
開場時間 下表
ポイント 人が少なく珍しいものがゆっくり見れる。、2階のトイレはキレイ
鑑賞時間 ざっくり回れば15分ほどで1周できる。じっくり見れば1時間以上

水曜
11時00分~18時00分
木曜
11時00分~18時00分
金曜
11時00分~20時00分
土曜
11時00分~20時00分
日曜
11時00分~18時00分
月曜
定休日
火曜
11時00分~18時00分

TEL:03-5777-8600

場所:東京駅目の前、KITTE(きって)ビル

「KITTE丸の内」は2013 年に東京駅前に開業し、2016年に「KITTE博多」「KITTE名古屋」が開業した商業施設

Hacoaダイレクトストア

ビルは1階〜6階まであり、最上階はレストラン

東京大学総合研究博物館インターメディアテク はフロア2階

出典:  旅行のクチコミサイト フォートラベル

入場フロアから入っても、階段上から回ってもどちらでも可

化石が見たい人は入場フロアから、鳥類のはく製から見たい人は、ワニの階段を上って、上から回ると良いです

ここは、本当に穴場中の穴場で、行かない人は損をすること間違いない場所だと思います 東京駅も目の前のロケーションで、KITTEビルは1階には人がたくさんいますが、この2階フロアに立ち寄る人はあまりいません

その中で、東京大学主催のこの展示室は、一見入りずらそうに見えますが、中のスタッフの方々は「どうぞどうぞ」と気軽に声をかけてくれます

展示室のはく製や標本の量は、とても無料で見られるとは思えないほどの充実ぶりです

時間があまりなくても、是非立ち寄ることをお薦めします

 NO2:明治生命館(展示室入場無料)

見れるもの GHQに統治されていた時代の現存する建物と歴史
開場時間 土・日曜 11:00~17:00

水・木・金曜 16:30~19:30

ポイント 平日は夕方からしか入れない。穴場は地下1階の古い壁面
鑑賞時間 ざっくり回れば15分ほど。歴史に興味がある人は1時間

wiki

TEL: 03-3283-9252

1934年(昭和9年)に竣工した建物で、終戦後にはアメリカ極東空軍司令部として使用するためにGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)に接収された歴史を持つ

2階には、米・英・中・ソの4カ国代表による対日理事会(ACJ)の会場として使用された会議室があり、執務室や応接室の見学ができます

お堀側ではなく、馬場先通り側の大きな玄関の右側にもう一つ小さな入り口があり、中に入ると古いエレベーターが並んでいます。これは当時のエレベータで、昭和9年の素材が使われているそうです。(ドア内にいる警備の人談)

一番の穴場は、2階の展示室ではなく、この小さなドアの階段下にある《センチュリーコート丸の内》というクラブレストランです

このカウンターにいる女性スタッフの○宮さんが、とても親切に店の歴史を解説してくれました

ここは、戦後GHQによる接収を受けた後に作られた幻のレストラン「マーブル」があった場所だそうです。

「マーブル」に関しての資料はほとんど残っていないようですが、戦後米軍のパーティー会場にも使われていたようです

地下にはその当時の文字が残された壁やタイルが現存しています

このBX(軍の売店)には、当時のマッカーサー夫人も買い物に訪れていたそうで、歴史の遺産に触れることが出来ます

注意点:平日の展示室開場時間前に間違って中央玄関から入ると、警備員の人に「ここは明治安田生命本社ビルです。御用件は何でしょうか?」と尋ねられます

見れるもの その時のイベントによる (オルセーのナビ派展etc)
開場時間 10:00~18:00 毎週月曜休館
ポイント グッズコーナーは、本、Tシャツ、携帯小物とアートグッズが充実
鑑賞時間 30分ほど

TEL:03-5777-8600

三菱一号館美術館は、東京駅を背に5分ほど徒歩で左に進みます

特徴的な赤煉瓦の建物は、三菱が1894年に建設した「三菱一号館」(ジョサイア・コンドル設計)を復元したもの

丸の内ブリックスクエア側から入ると中庭が見えて分かりやすいと思います

天気の良い日には、中庭のベンチがおすすめです

中庭内には、エシレバターを使った有名なお菓子屋さん{エシレ・メゾン デュ ブール}があります

10:00~20:00 日曜営業

ここのお菓子は限定品が多く、開店直後に行かないとまず購入できません(写真のガトー・エシレ ナチュールは、1日15本限定

クロワッサンも人気がありますが、平日でも午後には売り切れています。運良く手に入った人は、中庭でまったり食べるのも良いかもしれません

美術館1階の展示室と売店は入場が無料です

チケットカウンターの右側に進むとアートグッズが販売されています

アート好きな人には、いつまでいても飽きない空間だと思います

以上

《東京駅-無料で時間つぶしが出来て歴史と美術を楽しめる場所3選》でした

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告