食べられる雑草ランキング海外編 Best5inニューヨーク

NewYorkCity アメリカ合衆国

トライベッカのcafe、マンハッタンとブルックリンの古き良き街

new-york-city-cafe-in-tribeca

それではニューヨーク編、さっそくどうぞ(*’ω’*)

第5位 Wild violet

ワイルドなスミレ

wild-violet

そう、紫色のvioletはすみれの事です。

ニューヨークの土にはいたるところに生えている雑草です。あの芝刈り機によってガンガンと駆られているらしい。日本ではスミレツアーがあるくらいファンが多いのに・・・

でも食べる人たちには人気のある花です。

『味はマイルドで、バリバリとした歯触りの良い葉はレタスの代用にもなる素晴らしいものです』

レタス?本当?

第4位 Wood Sorrel(Oxalis)

カタバミ

Wood-Sorrel

シドニー編で5位だったカタバミ。ここでも順調にポジションをキープしています。

『黄色の花を持つカタバミは、レモンのようなフレグランスな味がする魅力的な甘い雑草です。』

これ、すっぱいシュウ酸のことですね。シュウ酸は食べ過ぎ注意ですよ。歯もガシガシしてやな感じがします。

『子供たちは「レモネードの味がするー」と大はしゃぎ。』

(。´・ω・)?レモネードってなんだっけ。レモンのお菓子?

『カタバミは、アイルランドのシャムロックと間違われます』

(;゚Д゚)!!なにそれ!?

アイルランドの国花は、シャムロック(シロツメクサ)。これがクローバーのこと。ケルト全盛だった当時、アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックが、三つ葉のシャムロックを手にしながらキリスト教の教えである三位一体(クローバーの葉は3枚)を説いて布教活動を行ったという言い伝えがある。

クローバーは、キリスト教では、聖パトリックや教示の象徴みたいです。

第3位 Field Pnnycress

フィールド・グンバイナズナ

pennycress

アブラナ科グンバイナズナ属。日本でも北海道から九州と広く分布する帰化植物です。

『実はペニー形の顕花植物で、貧乏人のコショウに似ています』

ペニー形が何なのか分かりませんが、「貧乏人のコショウ」がとてつもなく気になります・・・

Poor Man’s Pepper アブラナ科の西洋ワサビのことでした。昔、香辛料は非常に高価な輸入品でした。そこで、貧しかった人々は本物のコショウの代わりに、ピリッとした風味を持つこのアブラナ科の植物を食卓で使ったそうです

第2位 Cattail

ガマ 

weeds+Cattai

いや、食べないでしょう、ガマは・・・。

『トップにコーンのようなトッピングを持つ特徴的な穂をもつ植物です。春の終わりにふさふさとした尾っぽが付くころが採り頃です』

cattails-

いやいや、食べ物には見えませんよ。コーンに見えないし・・・

『まるで新鮮なキュウリのような味がします』

本当!?Σ( ̄□ ̄|||)え~

『沼地から軸を引っ張って、食べる直前に皮をむいて下さい』

(;゚Д゚)・・・

「ガマの穂 食べられる?」でgoo検索してみました。結果↓

Q質問☻「がまの穂の茎の中にいる虫の名前を教えてください。」

もういい。おわり。ガマは食べたくない。

第1位 

Garlic Mustard ニンニク・マスタード

garlic-mustard-plant

出ました!ガーリックマスタード。

これ、必ず上位に入ると思ってました。名前の通り、ニンニク臭とマスタード臭がして、ハーブとしても利用されています。これもアブラナ科の植物ですね。

しそのようなギザギザした葉っぱで、白くて小さい地味な花をつけます。ヨーロッパの農場主の間では、この草を乳牛が食べると、牛乳にニンニクの匂いが着くと言われているそうです。

そんな牛乳いらない。

『バターでエシャロットとニンニクをソテーして、ホウレンソウとニンニク・マスタードの葉っぱを加えて混ぜ、パンにチョップする』

う~ん、なんだか美味しそうな気はします。

ガーリックマスタードは、たくさん生えていて、雑草好きな人たちにはメジャーな草なんですが、その生命力の強さがちょっとした問題にもなっています。

garlic-mustard-field

カナダの農業情報研究所のホームページを見ると、「ガーリック・マスタード(Alliaria petiolata)がオンタリオ、ケベック、沿岸諸州の植物、樹木までも殺しつつある。」とありました。

どうも、根から出す物質が殺菌作用が強すぎて、周りの植物を枯らすらしいです。

まあ、ニンニクとマスタードの香りがするくらいの草ですから・・・

と、いうわけで ニューヨーク編おわり!!

ありがとうございました(≧▽≦)。。

またいなかったな・・・つ○し・・

注:本文中のRankingは、海外情報を参考にした筆者独自判断によるものです。

また、レシピスタイルは海外生活のまま掲載しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告